Build the Next Era of
Software Development

今までにないソフトウェア開発で
これからの未来を作り出す

Scroll
今までとは違う、ソフトウェア開発

Love&Successの価値観を元に様々な企業のソフトウェア開発を、トップレベルのグローバルエンジニアと共に伴走致します。
ソフトウェア開発の自動化を可能とするツール「iCode」によるQCDの削減、トップレベルのグローバルの企業での開発経験のある技術力の高いチーム、そして開発だけでなく事業に必要なソフトウェアは何なのか定義するところから開発を進めるのが弊社の特徴です。
我々のクライアントの求めるものはコードでもソフトウェアでもなく、プロダクトから生み出される売上か費用の削減もしくはその両方であることを念頭に置き、革新的なソフトウェア開発手法によってビジネスの変革をサポートいたします。

Team

  • Nao Yanagisawa

    代表取締役 / エンジニア

    柳澤 直/ Nao Yanagisawa

    1994年生まれ。慶應義塾在学中にソフトウェア開発企業を設立。
    大型のIPOやM&Aを果たした急成長中のスタートアップを中心に開発業務に従事する。
    大学卒業後リクルートホールディングスへ新卒入社し新人にて初年度チーム1のコミット数の実績を作り再度独立。
    東証一部上場企業含め0-1フェーズから売上1000億フェーズまで様々な規模の数十PRJでの開発を経験。

  • Yota Numata

    開発統括 / エンジニア

    沼田 洋太/ Yota Numata

    1991年生まれ。2015年、早稲田大学教育学部卒。学生時代からウェブ・iOS・Androidの受託開発に勤しむ。
    大学卒業後は株式会社Zaimにてウェブ・iOSの家計簿アプリを開発。その後は株式会社リクルートホールディングスにてSUUMOのDevOps基盤構築、SUUMOアプリのリーン・スクラム開発チームの立ち上げなどを経験。新人ながら2016年度通期準MVP獲得。
    2019年2月にRelook株式会社を創業し、翌年5月にM&AでARETECO HOLDINGへグループイン。

その他メンバーの経歴
  • 東南アジア最大配車アプリGrabのエンジニア
  • 世界最大クラウドサーバーAmazon AWSのエンジニア
  • GithubでStar100+のリポジトリ保有者
  • Adobeにてプロダクトマネージャーの経験のあるPM
  • 1000人超のソフトウェア開発企業にてBest Engineer賞を受賞したエンジニア

Process

求められたものを開発するのではなく、成功のためのソフトウェア開発

ソフトウェア開発産業特有の上流・下流の区分や多重下請け構造を弊社は否定しています。
クライアントが作りたいものを作るのではなく、クライアントがソフトウェアによって得られる売上・費用の削減のための開発に注力し課題解決のための開発を行います。

上記を達成するために多重下請けのような構造ではなく課題把握からソフトウェアでいかにそれを解決できるのか、そしてその解決手段をソフトウェアに落とし込むにはどのような要件定義となるのか、単なる受発注の形ではなくチームとして開発を目指します。

1.課題把握・解決手段の検討
業務フローや市場の課題のヒアリングから解決手段を検討し開発体制・フローを提案
2.プロダクト開発・テスト
トップレベルのエンジニアが実装し、解決手段をプロダクトに落とし込む
→
→
3.リリース
→→
4.KPI、改善プランを策定
各エンジニアやPMの経験を元にプロダクトにあった最適な施策をご提案
↑
→
↑↓
5.改善プランに合わせて開発
分析・過去の経験を元に「必要な開発」を実行

下記資料にてiRuuzaが選ばれている理由についてまとめています。是非お読みください。

会社資料をダウンロードしたい方はこちら

Our Product

API・管理画面においては50-60%の開発リソースを削減
ソフトウェア開発の自動化を可能とするツール『iCode』を開発・提供。

実はソフトウェア開発には多くの簡単なコードと一部の複雑なロジックが入り混じっています。
人間が書くべきコード以外はソフトウェアに任せることによってコストとリリース期間を短縮を実現しています。
NoCodeツールとは違いコードが生成されるため保守運用・機能開発ももちろん可能です。

  • SMS認証

  • Stripe決済

  • SNS連携

  • 管理画面

  • コード出力

  • お問い合わせ

使用言語